もどる
信用保証協会との懇談 
「税金滞納だけで融資を一律に断ることはない」
吹田民商「いんふぉめーしょん」No.762 10.5.24.
借りて好きな商売続けよう!
 5月18日(火)大阪府信用保証協会との話し合いを行ないました。協会からは、森支店長はじめ、5名の職員に対応していただきました。こちらからは、北摂ブロックの7民商13名が参加しました。
 事前に提出していた要望書の回答のあと、質疑応答が行われました。主なものを紹介します。

@ 条件変更中・返済の乱れ・税金の滞納・公共料金の遅れ等がある場合でも、事情をよく聞き柔軟に対応してください。
回答
 今後の返済にも重要な項目であり、今後の見通しも含めて総合的に判断しています。

民商
 滞納税金を解決するための資金としてはどうか
回答
 滞納した税金については税務署と話し合いをして分納の計画をたて、支払の実績をつんでいれば、税金を滞納しているということだけで一律に断ることはしません。

A 自己破産の申し込みに際して、一律に断るのではなく、現在の取引状況をみて柔軟に判断してください。
回答
 一律に断ることはありません。破産に至った経緯や、現在の状況を見て判断します。

民商
 自己破産した方への融資の実績はあるのか。
回答
 千里支店ではありません。大阪府としてはつかんでおりません。求償権がない場合は、受付はしています。

民商
 全国的には、自己破産した方にも融資が実行されている。全国が変わってきているのにいかがなものか。
回答
 復権者については、求償権があっても受け付けはしています。

B 代位弁済中の申し込みに際して、柔軟に対応してください。
回答
 協会の債務が残っていれば返済することが基本ですが、一定の返済がなされていることや、現在の事業の状況により、他の制度を利用することができますが、銀行さんへの申し込みが基本となります。

C 各貸出金融機関に対し、貸し渋りしないように、また、迅速に実行するように指導して下さい。
回答
 私どもが回答するには、そぐわないかと思いますので、コメントは控えさせて頂きます。

民商
 どういうことか。保証協会がOKしたにもかかわらず、銀行がその後に審査をする例もある。緊急で申し込んでいるので、そこは指導してほしい。
回答
 銀行の内部的なところもあるとは思いますが、ただ、そのようなことがあった場合、協会は指導機関ではありませんので指導はできませんが、要請はしてまいりたいと思います。

D 否決に際しては、今後の再申し込みのためにも、申込者の納得のいくように理由の説明、及び、今後の改善点を示してください。
回答
 必ずしも、本人の期待通りにはならないかもしれませんが、できるだけ納得していただけるように努力してまいります。

もどる