もどる
この1年の運動を振り返って @
 第48回定期総会が6月9日に開催されます。今、民商では定期総会に向けての準備が始まっています。この機会に1年間の運動を振り返ってみたいと思います。今回は「自主計算運動と経営対策運動」です。
 この2つの活動は中小業者が最も苦手とする分野です。そのため、参加者が少なくても「とにかく続ける」ことを目標にして取り組んできました。
 自主計算運動では、毎週木曜日の朝10時から「自主計算教室」を開催してきました。当初は夜の部もありましたが、参加者がほとんどなく朝のみとなりました。パソコン講座を1回、エクセル会計の講座を2回開催しました。この1年間の成果は「実績パンフ」(1月に配布)に表れています。全くできなかった方が役員や事務局の援助を受けて自分でできるようになったと喜んでおられます。今後はパソコン講座の回数を増やしていく予定です。
 経営対策運動の分野は、5月から7月が「経営の基礎を学ぶ連続講座」、9月から3月までは商工新聞の連載された「商売書いて見るトレ」を活用して学習と交流を進めました。3人の会員さんに学習の成果を全体の前で発表していただき参加者に刺激を与えていただきました。第48期は名城大学の井内尚樹先生をお迎えしてネットワーク作りについて学び交流することになっています。
吹田民商「いんふぉめーしょん」No.808 11.5.16

もどる