もどる
国保料値上げは困ります!4360筆の署名を提出!
 1月12日昼2時から吹田市国民健康保険運営協議会が聞かれました。保険料値上げが予想されているだけに心配した市民が多数傍聴に駆けつけました。この日は@賦課限度額を国の基準に沿って4万円引き上げる件、A前納報奨金制度を廃止する件、B赤字解消第の見直しの件の3点が提案されました。@、Aのみの審議で3時間を要しBについては報告のみで終わりました。賦課限度額引き上げは高額所得者のみに影響することですが、それでも、2008年以降毎年引きあがっており年間77万円と高額です。国はこれをまだまだ引き上げる計画です。前納報奨金制度は30・31%もの世帯が活用しており廃止することで収納額が後退するのではないかとの心配意見が相次ぎました。しかし、報奨金の原資である一般会計繰入金(5040万円)を減額することのないように条件を付記して廃止されることになりました。次回の運営協議会は1月26日です。赤字解消策の見直しが中心的に議論されることになっています。運営協議会終了後、出席されていた山中副市長に「高すぎる国民健康保険料の値下げを求める要望書」4360筆分を提出しました。
吹田民商「いんふぉめーしょん」No.841 12.1.23

もどる