ゴトーたたみ製作所 後藤 孝雄
吹田市山田西2丁目9−6  TEL:06−6875−9205

 たたみ屋さんを始めたきっかけは何ですか?
以前は大型トラックの運転手をしていたのですが、勤務時間が不規則で、「家族が出来た時に一緒に過ごせる時間が無いな」と悩んでいたところ、同級生から誘われたこともあって、将来的に手に職をつけておいた方が良いと判断して、たたみ屋さんに転職したのがそもそものきっかけですね。

 
その後に独立を決意されたのですね。
はい。でも、独立資金が少なかったので、もう一度トラックを運転するか…と思っていたら、女房が「やろうと思うんやったら」とお金を出してくれたんです。この後押しが無かったら、踏ん切りが付かなかったと思います。だから、女房にはとても感謝
しています。

 
では、民商に入会したのは最近で?
民商の存在自体は知っていましたが、取敢えず独学で勉強したものの、経理的な仕事は経験が無く、事業の立ち上げにも不安だったので、最終的には会員さんの紹介で入会しました。
毎回親切なアドバイスをして頂いたお陰で、開業してまだ2ヶ月ですが、徐々に記帳に関して理解出来て、手こずることが少なくなりました。

 集客はどのようにされていますか?
材料を仕入れて、加工し、販売するというスタイルなので、現在は、同業者からの下請け、リフォーム屋さんからの依頼などが多いのですが、家主さんや一般のお客さんをターゲットにすべく、時間を見つけてチラシを撒いたり、「営業用」のツールをワープロソフトで作成したりしています。


 
確かに、かなりの数の営業用ツールを自作されていますね。
お客さんが、実際に見て、手に触れて確かめ、納得して買ってもらえるようにと思って…。
忙しい現代に、憩いの場所と心を提供したいというのが、僕のコンセプトです。その為には、お客さんに一から教えてあげないと、殆どの人は違いが分かりませんからね。
尤も、中には年配のお客さんで「何でそこまで知ってんねん!」という方もおられ、稀に焦る時もありますけど。(笑)

 
今後の目標があれば、お聞かせ下さい。
まだまだ仕事をもらっているという状況なので、自分でお客さんに情報提供をどんどんやって、お客さんのデータを集め、定期的にコンタクトをとれるようにしたいです。その為に昨年の10月にパソコンを買ったんですよ。

このイケメンのたたみ屋さん、かなり精力的に色々取組みをされており、他業種の方も参考になる部分が多いと思います。個人的には、相当早い段階でトップギアに入る人のように感じました。今からこの人の商工交流会の発表が待ち遠しいですね。こりゃ、うかうか出来ませんわ、わたし…。

もどる

  〒564-0000 吹田市川園町20-1
TEL 06-6383-2211  FAX 06-6382-8190