アイステーション株式会社(リサイクル店) 大原 一成
門真市桑才新町15−7  TEL:072−885−2226  http://www.istation.co.jp
 「Yahoo!オークション」で数多く販売されている人を通称「パワーセラー」と言います。
 私も「Yahoo!オークション」の元プロとして、パワーセラーを名乗っていますが、この大原さんは、遥かに上をいく「スーパーパワーセラー」です。民商会員では恐らく少数派であろうネット販売を中心に商売をされている「ミスター・パワーセラー」にお話を伺いました。

今のご商売を始めたきっかけは何ですか?
 昔から珍しいモノを手に入れるのが好きで、フリーマケットなどで色々なモノを買い漁っていたんです。賑やかな場所でガチャガチャしたモノを売っているのを見ていたら、無性に欲しくなってね。で、自分でも家の中の不用品を売ってみたら、これが面白いように売れる。「意外に儲かるやん」と思って、今度はホームセンターなどに行って、儲かりそうな見切り品を見つけては、適当に理由を付けて、「全部買ったら幾らにしてくれる?」と。
 そうこうするうちに、気付いたらこの商売をやっていたという感じです。
最初の頃は、色々やりましたよ。インターネットで大型ゴミ収集の日をチェックして、こっそり「掘出しモノ」を漁りに行ったりとか…。(笑)

「好き」で始めたということですね。
 昔はこんなことをしている人が少なかったので、利益率も高かったのですが、ここ数年は「オークションで儲ける」みたいな情報が氾濫して、参入障壁が無くなり、素人さんを含む競合が増えてきましたから、業者専門のオークションや管財物件など、所謂仕入れ価格の高騰で、採算に見合わなくなってきたのが実状です。

となると、一般の人からどれだけ安く買い取るかがポイントになりそうですが…。
 最近は、なかなか上手く集まらなくなりましたね。ウチは現在、タウンページやフリーペーパーに広告を出していますが、引き合いは1日1件あればいい方です。
 現在は、機械工具などの特殊な商品を中心にしていますが、それだけでは間口を狭めることになりますし、かと言って、素人さんが副業でやっているとは訳が違うので、一般的なモノだけでは生きていけない。
売上げは、インターネットオークションでの販売が8割を占め、そちらは然程の心配が無いのですが、モノが集まらないことには商売になりませんので、その点をどうするかが目下の課題です。

その課題に対して、「こうしよう」とお考えのことがあれば、お教え頂けますか?
 「不用品何でも買い取ります」というチラシも効果があるかも知れませんが、寧ろ、ピンポイントに訴求するのも有りかなと思っています。
 例えば、「本買い取ります」みたいな…。古本屋さんは、本しか買い取りませんが、ウチみたいに総合的に扱っている会社は、「他に重くて邪魔になるようなモノがあれば、序でに引き取りますが、如何されますか?」と訊くことで、お客さんのお役に立てることがありますから、まだじっくりと考えを煮詰めていませんが、少し切り口を変えてみようと考えています。

民商に入会された動機は何ですか?
 実は、親父が民商の会員でしたし、私も以前、別の商売をしていた時、会員になっていました。私は一度退会をしましたが、以前、申告や記帳のことで丁寧に教えて下さったこともあり、この商売を始めるにあたり、迷わず再度入会しました。
 こういう言い方も何ですが、民商は心強い味方になってくれるので、積極的に利用しないと損だと思います。
 「これから車を引き取りに行かなあきませんねん」
 「え、車も取り扱っているのですか?」
 「お客さんから頼まれたことは、可能な限り頑張っています」
 あなたにとっては要らないモノでも、それを必要としている人は、必ず何処かに存在します。
 大原さんを始め、スタッフの皆さんは、その「たった一人のお客さん」の為に毎日頑張っておられます。

もどる

  〒564-0000 吹田市川園町20-1
TEL 06-6383-2211  FAX 06-6382-8190